賃金・物価の上昇率が大きい場合のスライド調整率について