出版社さんからの連絡で私の書籍がプチバブルしてるらしいです。

面白いのが大阪では「サラリーマンはラクをしろ」

東京では「ズボラでも一生お金には困らない不労所得生活」

と人気書籍が分かれているようです。

私は関西人なのですが、なぜ「サラリーマンはラクをしろ」が大阪で人気なのかわかりません。

教科書的なのがウケがいいのですかね?

理由はさておきありがたいお話です。

↑紀伊國屋書店グランフロント大阪

↑リブロ新大阪

↑芳進堂飯田橋ラムラ

↑三省堂書店池袋本店

↑三省堂書店愛知県一宮

↑三省堂書店神保町

↑丸善お茶の水